ストレスチェックの実施するなら知っておくべき!導入に関するよくある疑問をスッキリ解決

当サイトはストレスチェックの実施するなら知っておくべき、導入に関するよくある疑問をスッキリ解決するための情報をご紹介しています。
これから事業所でチェックを実施する必要がある場合に役立つ可能性があるのでおすすめです。
チェックの実施タイミングを決めるコツに関しても解説しているサイトです。
いつ行えば良いのかごいう疑問の解決になります。
さらにチェックのリスクと注意点にも触れているので、事前に知っておくのがおすすめです。

ストレスチェックの実施するなら知っておくべき!導入に関するよくある疑問をスッキリ解決

事業所でストレスチェックを行う必要があるけれど、導入に関して分からないことがあるという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には、よくある疑問を参考にするのがお勧めです。
一般的によくあるストレスチェックの疑問には、費用をかけずにするにはどうしたら良いかということが挙げられます。
その場合には厚生労働省のオンラインプログラムが便利です。
また外部機関に依頼できるのかという疑問も良くあります。
ストレスチェックに対応している、外部機関は色々あり利用できます。

ストレスチェックの目的をまとめて再確認

労働安全衛生法が改正され、平成27年にストレスチェック制度の実施が義務付けられました。
すべての事業場が対象となるわけではなく、常時50人以上が労働している事業場が義務化となっており、50人未満の場合は努力義務となっています。
このストレスチェックは精神障害の労災認定件数が3年連続して過去最高を更新したことが、行われるきっかけとなっています。
このような改善を未然に防止することが大切と考えたため、1年に1回以上はストレスチェックを行うよう義務となりました。
そのためストレスチェックの目的は、メンタルヘルスの不調を未然に防止する一次予防を講じることであり、メンタルが不調な人を発生させず、さらに働きやすい職場環境へと改善することとなります。
メンタルの不調は人それぞれですが、チェックを行うことで現在の状況を知ることができ、自分で気が付き対処することもできます。
目的をしっかりと確認し、適切な方法で活用できるよう、実際に実施できる人は法律によって定められています。

ストレスチェックの導入の具体的なステップ

ストレスチェックの導入のステップは、事前準備から始まります。
まず最初に決めるのがストレスチェックの対象者です。
働いている人すべてが対象となるわけではなく、契約期間が1年以上、1時間の労働時間が通常の労働者の4分の3以上の人が対象です。
つまり正社員だけでなくパートやアルバイト、契約社員も該当します。
そのため実際に誰が対象者となるのかを把握しなくてはなりません。
次のステップは日にちや時間を決定し、担当者を選定していきます。
この担当者は実践者と実施事務従事者があり、実践者は法令によって医師や保健師など資格を持っている人に限定されています。
実施事務従事者は資格は必要ないものの、個人情報を扱うため人選は慎重に行わなくてはなりません。
さらに労働者に対して解雇や昇進、異動などの権限を持つ人も実践者や実施事務従事者になることはできないので、注意が必要です。
ストレスチェックの人選と日程、さらに内容が決まり次第、労働者に告知し、実際に実施となっていきます。

ストレスチェックの費用はどのくらいか相場を確認

ストレスチェックの費用は、会社の規模とチェックの内容によって変わってきます。
これは厚生労働省が、基本となる57もしくは23項目の質問しか設定しておらず、職場環境や業務内容に合わせた質問項目を追加することができないためです。
つまり、チェックに関する環境構築は事業者が行う必要があります。
こうした手間を省くために専門業者に外部委託するのですが、1人あたり500円から800円が相場です。
ただし、紙面で実施するのかWEBで実施するのかによって違ってきますし、ストレスチェックの質問内容でも異なります。
さらに、システム利用料や結果保存料といった諸経費もかかります。
そして、高ストレス者が医師による面接指導を受ける費用も必要です。
こちらは、1時間あたり3万円から5万円程度となっています。
他にも、管理職へのメンタルヘルスに関する研修費やストレスチェック実施後のフォローなどもあるので、それぞれの相場を把握しておくことが重要であるといえます。

ストレスチェックを業者に外部委託するには

企業がストレスチェックを業者に外部委託するには、いくつかのポイントを知っておかなくてはいけません。
費用も掛かりますし、どの様な体制でやっていくのか自社での研修なのか、また研修先に集まるのかなど、情報を得ておくことです。
まず費用では従業員の1人あたりと、複数でやる場合での費用差を聞いておくことです。
まとめて行う場合には安くなることもありますし、専門業者としてのメリットもあります。
定期的なストレスチェックをすることになり、データ管理なども別料金が発生するケースもあるので、費用の確認は必須要項です。
また個人情報などの漏洩なども気をつけるので、守秘義務の徹底なども外部委託の場合は確認しておきます。
医療機関では医師や看護師もストレスチェックでは準備に入りますので、どこの病院と提携をしているのかもポイントになります。
従業員の心の健康を考えた企業作りは必須であり、これからの社会生活を円滑にしていくにも必要なことです。

職種という概念にとらわれることなくストレスチェックができる世の中

結婚して6年ぐらいが経ちました。 夫は年に1回会社でストレスチェックを検査を受けているようです。 先日主人が結果を持って帰ってきて興味を持ちました。 有難いことに結婚してから専業主婦なものなのでそういった検査を行ったことはありません。 と言いますのも我が家には2人の子供がおりまだ幼い為、日々の生活をしているだけでもかなりストレスはたまってきます。 それはどのご家庭でも大なり小なりあるでしょう。 専業主婦というものが所謂無職なのでストレスチェックをすることが出来るのかがわからないです。 もしも困難ならば専業主婦という肩書を職種として認めてもらえる世の中になって欲しいです。 労働されてる人や専業主婦の人をはじめすべての人が、ストレスチェックを容易にできて自分の状況を把握しストレスが軽減される世の中になっていって欲しいです。 近年色々なストレスに心身共にむしばまれている世の中だからこそ、ストレスチェックを広め実施する人が増えてほしいです。

社員が50名以上の企業はストレスチェックが義務化されている

企業が実施しなければいけないことは多くありますが、ストレスチェックもその一つです。常時50名以上の社員がいる企業は実施することが義務化されています。精神障害で労災認定されるケースが増えているため、社員のメンタルヘルスも重要視されるようになったことが、ストレスチェックが創設された背景です。 社員がメンタルに問題が生じてしまえば業務に支障が出てしまう可能性がありますし、症状が進行してしまえば働くことができなくなってしまいます。企業は社員の体の健康だけでなく、心の健康も維持できるように配慮しないといけません。働いてくれる人がいなければ企業活動を維持することができなくなるので、実施しないでいるのは絶対にダメです。ストレスチェックの実施状況を労働基準監督署に報告することも義務付けられているので、未実施はバレてしまうケースがほとんどです。余計なコストをかけたくないと考えている企業がありますが、社員の健康のために必要なことです。

ストレスチェックはパートタイマーも対象者となるのか

2015年の12月から50名以上の労働者のいる事業所では毎年1回、ストレスチェックを行うことが義務となりました。しかし誰が対象となっているのか、いまいち分からないという人もいるのではないでしょうか。質問に答えて結果を集計し、分析することで労働者のストレス度合を調べるこの調査は労働者のメンタルヘルスを維持したり職場環境の改善に役立ったりします。対象者となっているのは常時雇用している人たちで正社員が含まれるほか、アルバイト・パートなどでも場合によっては対象となります。その条件の1つは契約期間が1年以上の場合で、それよりも短い場合には対象外です。また週の労働時間が、一般的な社員の4分の3以上になる場合にも対象者としてストレスチェックをする必要があります。これらのいずれかに当てはまればパートタイマーの人にも、ストレスチェックを実施しなくてはならないため注意が必要です。つまり週1日しか働いていなかったとしても、1年以上継続して雇用するなら対象となります。

ストレスチェックをしなかった場合には罰則があるのか

労働者ストレスの状態を調べるストレスチェックを実施しなかったらどうなるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。2015年の12月から毎年1回のストレスチェックの実施が義務化されたという事業所は多いです。対象となるのは50人以上の労働者がいる事業所で常時雇用する正社員やパート、アルバイトなどが対象者となっています。1年に1回実施することになりますが、怠った場合にも特に何か罰則があるというわけではありません。ただし50人以上の労働者がいる事業所はストレスチェックの結果を報告する義務があり、労働基準監督署に結果を伝えなくてはならないとされています。もし報告をしなかった場合には、50万円以下の罰金が科せられることになるのが特徴です。このようなことから、対象となる事業所では、労働者のストレスチェックを毎年実施することが大切となります。自分たちでできない場合には外部機関を利用することも可能です。

中小企業向けのストレスチェック助成金とは

ストレスチェックは労働者のストレスの度合いを把握し、労働者自身にもストレスを認知させる目的で行われています。調査結果を踏まえ、職場を働きやすく改善することや労働者のメンタル面での不調を未然に防ぐことを目的として、平成27年12月から従業員50人以上の事業場で実施が義務付けられています。ただしストレスチェックには助成金があり、助成対象は従業員が50名未満となるので対象となる中小企業にとって非常に注目すべき内容となります。 支給される金額は、ストレスチェックの実施費用として従業員1人につき500円(税込)の助成が受けることが可能です。助成金を受けるために企業が満たす要件は全部で6つあり、労働者を雇用している法事・個人事業主であること、労働保険の適用事業場であること、常時雇用する従業員が派遣労働者を含め50名未満であること、ストレスチェックを実施者が決まっていることがあります。他に事業者が医師と契約を締結し、医師による活動の全部または一部を行わせる体制が整っていること、実施及び面接指導等を行う者は自社の使用者、労働者以外の者であることの6つです。 後は申請後、内容が適当だと判断されれば労働者健康安全機構から指定した金融機関の口座に振り込まれる仕組みです。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの疑問

当サイトはストレスチェックの実施するなら知っておくべき、導入に関するよくある疑問をスッキリ解決するための情報をご紹介しています。
これから事業所でチェックを実施する必要がある場合に役立つ可能性があるのでおすすめです。
チェックの実施タイミングを決めるコツに関しても解説しているサイトです。
いつ行えば良いのかごいう疑問の解決になります。
さらにチェックのリスクと注意点にも触れているので、事前に知っておくのがおすすめです。

新着情報