ストレスチェックの実施タイミングを決めるコツ

ストレスチェックの実施タイミングを決めるコツ

ストレスチェックをする対象は50名以上の従業員がいる事業所で、契約が1年未満だったり週の所定労働時間の4分の3以下の短時間従業員は対象外ですが、その他の従業員全員が対象となります。
前回のストレスチェックを行った日の1年以内に労働基準監督署へ報告する義務があります。
提出しなかった場合は労働安全衛生法に基づき罰則の対象になります。
50人以下の場合でも50人に達した日から1年以内に行う義務が生じるので注意が必要です。
実施する時期は定められていませんが、ストレスチェックをするタイミングにより結果に影響を与えます。
繁忙期や期末や従業員の移動時期はストレスが高まることがあり考慮が必要です。
大勢の従業員が一度に行える閑散期に行うこともありますが、年で行う健康診断の時期と一緒に行うなど衛生委員会などで審議し、年間で計画すると未実施を避ける事ができます。
また毎年同じ時期に行うと結果のばらつきが避けられます。

ストレスチェックの最適な実施時期とタイミング

ストレスチェック制度は労働安全衛生法の改正により1年以内ごとに1回実施することが義務付けられています。
1年に1回行えばよいのではなく、最低でも1年間に1回は行わなくてはならず、労使で合意をすれば1年以内に複数回実施することも可能です。
なおストレスチェックは罰則はないものの労働基準監督署への報告の義務があり、反した場合は罰則が科せられます。
ですが1年に複数回行った場合毎回報告する必要はなく、年に1度の報告で良いことになっています。
ストレスチェックのタイミングは、事業場の仕事の忙しさを見ることが大切になります。
一般的に繁忙期よりも閑散期の方がストレスはたまらず、さらに実施する側の負担も軽減することができます。
ただし職場のストレスが高まっているのが繁忙期であることが明確であり、その時期に実施することが望ましいと医師に判断された場合は繁忙期に行うこともあります。
職場の環境改善はすぐにできるものではありません。
過去と比較するためにも毎年同じ時期に行うことが望ましいです。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの疑問

当サイトはストレスチェックの実施するなら知っておくべき、導入に関するよくある疑問をスッキリ解決するための情報をご紹介しています。
これから事業所でチェックを実施する必要がある場合に役立つ可能性があるのでおすすめです。
チェックの実施タイミングを決めるコツに関しても解説しているサイトです。
いつ行えば良いのかごいう疑問の解決になります。
さらにチェックのリスクと注意点にも触れているので、事前に知っておくのがおすすめです。