ストレスチェックのリスクと注意点とは

ストレスチェックのリスクと注意点とは

ストレスチェックは常時雇用の人数が50人以上の事業場に対して義務化されています。
目的はメンタル不調の1次予防であり、事前に何らかの対策を講じることで早期に従業員のストレスを解消し、未然に防止することが目的です。
従業員にとってもストレスチェックはメンタル不調の軽減に役立ちますが、企業側においても職場環境をよくすることにつながります。
ですが注意点やリスクもあります。
プライバシーな情報であるため守秘義務があり、しっかりと情報を厳重に保護しなくてはなりません。
情報管理においてはストレスチェックの結果は、本人の同意なしでは開示することはできません。
たとえ事業者であっても勝手に結果を見ることはできないようになっています。
さらに結果を理由に解雇や退職の推奨、配置転換などの措置を講じるのも禁止されており、労働者に対して不利益となる取扱いはしてはいけません。
守秘義務に違反した場合は刑罰が科せられるので注意が必要です。

ストレスチェックでは守秘義務違反に注意が必要

ストレスチェックの結果は、個人の知られたくない情報になることがあります。
そのため扱いは慎重に行わなければいけません。
労働安全衛生法では、104条で守秘義務について規定していて、健康診断や面接指導の内容について秘密にしなければならないとしています。
法律での義務事項なので、守らなかった場合、最大6か月の懲役か罰金50万円を支払うことになります。
ストレスチェックでは、ストレスが高いと判断された従業者に対して面談を受けさせる必要があります。
この面談の内容は、メンタルヘルスに関わることでもあり、上司や人事権を持つもののパワハラに関するものかもしれません。
このような情報が漏洩してしまうと、その人の精神的な負担は大きく、その後の仕事に影響する恐れがあります。
場合によっては、よりひどいストレスを抱えるきっかけにもなりかねません。
このようなことがないように、ストレスチェックに関する助法についてては、厳重に取り扱う必要があります。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの疑問

当サイトはストレスチェックの実施するなら知っておくべき、導入に関するよくある疑問をスッキリ解決するための情報をご紹介しています。
これから事業所でチェックを実施する必要がある場合に役立つ可能性があるのでおすすめです。
チェックの実施タイミングを決めるコツに関しても解説しているサイトです。
いつ行えば良いのかごいう疑問の解決になります。
さらにチェックのリスクと注意点にも触れているので、事前に知っておくのがおすすめです。